アイジーリホームプラス アイジーリホームプラスとは
アイジーリホームプラス

「アイジーサイディング」を使用した新しいカタチのリフォームアイジーリホームプラスとは

金属板と断熱材を一体化させた、熱を通しにくい軽量な外壁材「アイジーサイディング」
アイジーサイディング断面図
表面塗装
「遮熱性フッ素樹脂塗装」で
色あせしにくく、熱を反射します。
金属板
様々なデザインが表現でき、
さびに強いガルバ鋼板を採用しています。
※ガルバ鋼板は、
55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板で、

アイジー工業の登録商標です。
断熱材
高い断熱性能を備えています。
裏面材
熱を伝えにくい、特殊な素材です。
表面材の「ガルバ鋼板」はさびに強い

海岸線から約7km地点にある施工後15年を経過した建物において、
縦樋を取り付けている亜鉛めっき製の金具はさびていますが、ガルバ鋼板に赤さびの発生は見られません。

表面材の「ガルバ鋼板」はさびに強い
アイジーサイディングは割れない

一般的な外壁材は吸水により外壁材自体が劣化する可能性がありますが、
アイジーサイディングは表面材が鋼板のため、吸水による劣化の心配がありません。

アイジーサイディングは割れない
抜群の断熱性能を発揮

しん材に採用した「ポリイソシアヌレートフォーム」は、断熱材の中でも優れた性能を持った材料です。
厚さ15mmでも、夏は涼しく冬は暖かい快適空間を実現します。

抜群の断熱性能を発揮
抜群の断熱性能を発揮
※熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表した値で、
数値が少ない方が断熱性に優れます。
アイジーリホームプラスの施工方法
  1. STEP 01
    STEP 01
    既存の外壁に木材を取り付けます。既存の壁を確認して、傷んでる場合は
    補修してから木材を取り付けます。
  2. STEP 02
    STEP 02
    木材の上に
    アイジーサイディングを施工します。
  3. STEP 03
    STEP 03
    完成!
01/
既存の外壁の上に重ねて施工する
「カバー工法」なので、
工事中の引っ越しは不要です。
工事には塗料を使わないので、
においが気になる事もありません。
雨水や湿気から家を守る工法

本体独自のかん合形状とシール材で、雨水の浸入を防ぎます。
室内からの湿気を屋外へ排出する外壁通気構法により、壁体内の結露を抑制させ、住まいの耐久性を向上させます。

雨水や湿気から家を守る工法
シーリングが表に出る箇所が少ない工法のため、
シーリングの劣化による壁体内へのダメージが少ない
雨水や湿気から家を守る工法
シーリングの劣化した箇所から雨水が侵入し、
壁体内にダメージを受けます。
アイジーリホームプラスは、塗装リフォームに比べて様々なメリットがあります。
塗装リフォームとアイジーリホームプラスの比較

塗装リフォームでは外観の大胆なイメージチェンジはできません。 また、塗装リフォームでは外壁劣化の進行を抑えられず、 その後のメンテナンスに手間とコストが多くかかります。

美観性
遮熱性・断熱性
耐久性・耐衝撃性
初期費用
メンテナンス費用
アイジーサイディングでのカバー工法
塗装リフォーム一般的なシリコン塗装