アイジー工業株式会社アイジー工業株式会社

カラーコーディネートプランCOLOR COORDINATED

STEP2張り分けタイプを決める

同じ外壁材を使用しても、張り分け方次第で印象が大きく変わります。
張り分け方法と建物の外観に与える効果を紹介します。

全面張り

統一感のある外観を演出。シンプルな外観を好む方におすすめです。
どのようなスタイルの建物にも適しています。
淡色を使用するとやわらかな雰囲気に、濃色を使用すると重厚感を与えます。

張り分けタイプ 全面張り

水平張り分け

建物を水平のラインで張り分ける方法です。張り分けの位置によって与えるイメージが変わります。
下部に濃色を使用すると広がりや安定感が生まれます。
上部に濃色を使用すると軽快なイメージに仕上がります。

ミドルウエスト

建物の中間のラインで張り分ける方法です。広がりや安定感を感じさせるので、大きな建物に向いています。重厚感のある外観に仕上げたい場合は下部に濃色を使用し、より高いラインで張り分ける方法<ハイウエスト>がおすすめです。

張り分けタイプ 水平張り分け ミドルウエスト
ローウエスト

建物の腰壁のラインで張り分ける方法です。伝統的なスタイルや、建物に落ち着きを与えたい場合に適しています。

張り分けタイプ 水平張り分け ローウエスト

垂直張り分け

建物を垂直のラインで張り分ける方法です。縦のラインは、シャープな印象を与えます。
目線が上下に動くため、建物を大きく見せる効果があります。

バーチカル

面の途中に縦のラインを入れる方法です。シャープに見せる効果があり、都会的な外観を好む方におすすめです。

張り分けタイプ 垂直張り分け バーチカル
コーナー

建物のコーナー部分で張り分ける方法です。コーナーにアクセントを置くことで縦方向にすっきりと引き締まった流れを作ります。

張り分けタイプ 垂直張り分け コーナー

面張り分け

建物の形状を活かし、面毎に張り分ける方法です。凹凸感が強調されるので立体感が表現できます。
面毎にコントラストを付ける事で、リズム感や奥行き感を生み出します。

凹凸

建物の凹凸を利用し張り分ける方法です。凹凸のアクセントは奥行き感を強調します。

張り分けタイプ 面張り分け 凹凸
ブロック

バルコニー部やオーバーハング部など、ブロックで張り分ける方法です。ブロックにアクセントを置くことで、より立体感のある外観に仕上がります。

張り分けタイプ 面張り分け ブロック